「アニメミル#ひなこのーと」の記事一覧(1ページ)

ひなこのーと 8話 「がんばりすぎて」
2017/05/30
学校の夏休みの期間に入ったひな子は、ひととせ荘のお店を手伝い。でも、お客さんがやってくるなり、緊張して固まってしまうことに…。しかも、真雪やゆあの前でもかかしのようになってしまい、苦手意識が悪化しているような気が…。それでも、頑張ってお店の手伝いを続けていたひな子。ただ、今度はあまりにも頑張りすぎて熱を出してしまうことに…。そんなときにこそ、ひととせ荘の仲間やゆあの友情は心強いですね。風邪で弱気にな...
ひなこのーと 7話 「まよえるみずぎ」
2017/05/23
ひなこたちは、みんなで水着を買って海へゴー。そのなかで、昔から使い続けているというスクール水着を選んだくいな。なぜか、しっくりくるのが不思議な気持ちです。海では迷子になってしまった真雪が、ドラマの撮影に訪れていたルリ子先生と遭遇。ゴツゴツとした岩場で、一番大きな岩の上に立っている先生を見ていると、サスペンスドラマの練習をしているように感じてしまうのはなぜでしょうか…。海が初めてだというひな子は、海...
ひなこのーと 6話 「めいどとおばけとゆめのぶたい」
2017/05/16
文化祭の演劇本番。練習ではぎこちない動きだったひな子は、見違えるほど役に入り込んでいました。しかも、ゆあのミスにアドリブで切り抜けるところも見せることも…。なにより、たくさんの人を前にしてもかかしにならなかったところが一番の変化だったのではないでしょうか。これをきっかけに、大勢の人の前に立つことへの恐怖がなくなったようで、短期間で人が変わったみたいですね。この勢いで、いよいよひととせ荘での劇団の話...
ひなこのーと 5話 「やさしくないやさしいこ」
2017/05/09
文化祭の演劇でヒロイン役を任されたひな子。当日に向けて、演劇の練習が進んでいますが、練習に遅れをとってしまうことも…。でも、かかしの仕事の経験が活かされているのか、足腰のバランスはピカイチなようです。たしかに、一日中同じポーズで立つのは難しいですよね。一方で、ヒロインになることができなかったゆあは、ひな子に対してますますライバルとして見ることに…。でも、根は優しい子ではあるので、ひな子のことが気にな...
ひなこのーと 4話 「かかしひろいん」
2017/05/02
演劇同好会を結成してから一ヶ月ほどが経った頃、旅に出ていた演劇部顧問の黒柳ルリ子先生が帰ってきました。天才子役としても有名なルリ子先生は、文化祭で上演する劇のヒロインにひな子をいきなり指名。あまりにもの大役に戸惑っているひな子に対して、役を引き受けさせようとする演技は、さすが天才と言われるほどの女優といったところですね。もちろん、ひな子の歌にインスピレーションを受けていたようなので、なにか考えがあ...
ひなこのーと 3話 「ともだちかんちがい」
2017/04/25
ひな子たちの新しい学校生活が始まりました。ひな子は、くいなと同じクラスになることはできましたが、他の生徒たちの前ではさっそくかかし状態になることも…。それから、学校では演劇の同好会が立ち上がり、ひな子は千秋に誘われて参加することになりました。劇団を立ちあげるという話もすすんでいるなかで、同好会と劇団を両立することになりますが、同好会の人たちが寮で演じる劇団を手伝ってくれると心強いかもしれませんね。...
ひなこのーと 2話 「ここからはじまる」
2017/04/18
ふと、幼いころの記憶が夢にでてきたひな子。そこには、畑でかかしになっていたひな子の姿があり、彼女の周囲には動物たちが集まっていました。これによって、周辺の畑が動物たちに荒らされることがなくなったのだとか。でも、ひなこが上京しているということはいまの畑には…。ひな子は人とのコミュニケーションは苦手でも、動物とお話するのは得意な様子。ときには、動物を相手に演劇をしていることもあったようで、これも演劇を...
ひなこのーと 1話 「とくぎは、かかしです」
2017/04/11
高校進学のために上京してきた桜木ひな子。人見知りな性格がゆえに、棒立ちする姿は人からかかしと見間違えられること!?そんな彼女が、東京の高校を選んだ理由は憧れていた演劇部があるからなのだとか。しかし、その演劇部が廃部になったことを状況してから気づくことに…。高校生活は、ひととせ荘という寮で過ごすことになります。寮の大家さんは、ひな子と同じ学校に通う萩野千秋という先輩で、廃部(彼女いわく休部)となった...
ご指定のカテゴリーに該当する記事は見つかりませんでした。