ステラ女学院高等科C3部 第10話 「戦友ハ皆、消エ行クモノ也。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ステラ女学院高等科C3部」の第10話です。


そのら先輩にC3部の退部を申し出たゆらは、その後すぐに明星女学園のサバゲー部に入っていました。学校は現在のままですが、変わったことといえば、そのら先輩との相部屋ではなく、自宅から通うようになったことでしょうか。

明星女学園に移ってからも、どんどん強くなることを目指していたゆら。試合でもサバゲーを始めたころとは見違えるような上達ぶりが見られました。しかし、自分の道を突き進んで行くあまり、チームとの連携はうまくいっていないようにも見えました。このことは、その後にゆらが明星女学園を立ち去ることにもつながっていくことに・・・。

なかでも、彼女のアタッカーになりたいという意思は人一倍。何度も榛名凛にアタッカーにしてほしいと願いでていましたが、受け入れてもらうことはありませんでした。これにも榛名凛なりの考えがあってのことですが、アニメの公式サイト「よい子のためのサバゲー講座 第10回:サバゲーの組織論」(※1)では、がゆらを衛生兵に指名していた理由などが紹介されています。

こうして現在、ゆらは自分が突き進めてきた道で立ち止まってしまいました。そのら先輩には留学の話がきているみたいですし、それぞれでどんな展開が待っているのか気になるところです。

※1 http://www.tbs.co.jp/anime/stella/special/kouza10.html



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事