犬とハサミは使いよう 第12話 「犬とハサミは使いよう」(最終話)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「犬とハサミは使いよう」の第12話です。


天才作家として売り出し中の秋山忍こと夏野霧姫。その正体は決して表にでていませんが、編集者である柊はそろそろ明らかにしてもいいのかもしれないと考えているようです。霧姫に罵られることを快感としている柊ですが、ときに霧姫のことをちゃんと考えているギャップがおもしろいです。

柊が最初に考えていたのは霧姫の衣装。椅子に座ったままのはずの霧姫を、どのようにして服を着替えさせたのかはいまだに謎が残りますが、いろんな衣装を身にまとう霧姫はめったに見ることができなさそうですね。

次に柊が考えていた作戦は、霧姫をお酒で酔わせること。霧姫にお酒が入るとどうなるのかも興味深いところでしたが、いまの霧姫がパワーアップするのかと思いきや、正反対の状況となるようです。そして、かなりの妄想的になることもわかりました。妄想のなかでは、和人と結婚式まで挙げてしまいましたが、酔いがさめてもそれは記憶に残っていた様子。

ここで最終回になりましたが、これからもいままでどおりと変わらない人と犬の生活が続いています。しかし、そこには少しの変化も加わったりすることも・・・。はたして、「大罪」シリーズの最終巻「色欲」は完成するのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事