神のみぞ知るセカイ 女神篇 第12話 「初めて恋をした記憶」(最終話)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「神のみぞ知るセカイ 女神篇」の第12話です。


ついに歩美から女神が出現しました。これによって、女神が全員復活です。そして、最後は彼女たちの手によって、一本岩が破壊されました。これにより、ヴィンテージも御用となったことで、一連の事件は無事に解決となったようです。ただ、一つ気になるのはハクアと戦っていたリューネがどうなったといったことでしょうか。

それから、やはり気になってしまうのがちひろですね。ちひろに関しては桂馬も悔やんでいるところがあったようで、もし、最後の女神を探し出すときに、ちひろではなく歩美を候補としていたのであれば、どのような展開になっていたのかも興味深いところがあります。とはいえ、歩美を追っていたときのように、ちひろがずっと付き添っていたのかどうかは変化がありそうですね。

なにはともあれ、ヴィンテージの件も落着したところで、エルシィによるかのんの代理も終了しました。そしてこれからも、引き続き駆け魂探しが始まるようです。次なるヒロインは一体!?



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事