日常 (第12話『日常の第十二話』)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「日常」の第12話です。


ここにアルシンドであるはずの、ゆっこの財布が行方不明。生気が感じられないゆっこの目は、お化け屋敷以上に恐怖でした。4,016円はかなりの痛手。ゆっこの顔出し看板との組み合わせは、ただ茫然と殴っているようですごい絵でした。一方の、笑いながら殴っている、みおもみおでちょっとおもしろい組み合わせでした、「あははは・・・」って。

エビフライこと安中さんは、かなり不思議な出来事に遭遇するようです。というより、あの釘はなんとも。射的の命中率は、立花みさとと負けず劣らずとちたところでしょうか?

なのがハカセでハカセがなのごっこ。ハカセのなのは、背中のネジをすぐに外してしまって、動くのにはかなり大変そうなのです。なのがハカセに”なのちゃん”と呼ぶのは、なにか新鮮な気がしました。それにしても、相手に対して自分の名前を呼ぶのってなんだか……これ、恥ずかしいよ!(みお)

いつしかの、大福フェアまだやってるみたいです。これ、フェアじゃねえよ~!(みお)



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事