ミス・モノクローム 第2話 「HEAVEN」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ミス・モノクローム」の第2話です。


主人公でありアイドルのミス・モノクロームは全財産の193億円を失ってしまうも、コンビニのマネージャー=マネオさんと出会い、コンビニの店員として働きながら生計をたてていました。しかし、このマネオさん、本当にアイドルの仕事をゲットしてくる、頼れるマネージャーさんでした。

こうして、アイドルの仕事を始めることができたモノクロームでしたが、その矢先に哀しい別れが待ち受けていました。それは、お金を失って、家が差し押さえられながらも、生活をともにしてきたロボット掃除機のルーちゃんが壊れてしまったのです。マンガンからアルカリの乾電池に代わって、活力を倍増しようとしていた矢先のことだけにモノクロームも哀しみを隠しきれません。せめて、修理できればよかったのですが、よほど酷い壊れ方だったのでしょうか。それにしても、ルーちゃんも、モノクロームも単三乾電池でエナジーを補充することができるとは意外でしたね。しかも一本だけで動くのですから・・・。





スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事