俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第4話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の第4話です。


奏にかけられた「絶対選択肢」の呪いを解くためにやってきたショコラは、彼が通う学校に転入してきました。たしかに、いつも奏のそばにいるほうが、何かがあったときに対処できやすいことも考えられそうですね。それから、彼に与えられる絶対選択肢も、どちらも良い選択肢であるといった変化がみられることも!?これも、彼に課せられたミッションをクリアした影響といったところでしょうか。

ミッションといえば、新しいミッションが発表されました。それは、文化祭のイベントで団体出場するチームメイトから期限までに「好き」と言われなければならないというもの。チームメイトは雪平や謳歌といったお馴染みの人物に、上級生が一人いるのだとか。そもそも、このイベントやチームを決めたのは生徒会の会長である黒白院清羅。妙に奏のことを意識しているところがありますが、何か考えでもあるのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事