Windows 8.1 から Windows 8に復帰

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
Windows 8.1 にアップグレードしてから数週間が経ちましたが、ここで一度 Windows 8 に戻すことにしました。

理由としては、WEBブラウザで完全にページを読み込まないことが多いことがあったので、インターネット接続の不具合の原因がどこにあるのかを調べるためです。幸い、「Windows 7 のファイルの回復」のバックアップを利用することができたため、Windows 8 のインストールディスクを使い、直近の状態に回復することができました。

Windows8#03

ちなみに、何かあったときに便利なのがこの「Windows 7 のファイルの回復」。Windows 8.1 ではコントロールパネルで見かけなかったので、ついに廃止になってしまったのかと思っていましたが、どうやら違う場所で現役として残っているそうです。

Windows 7 のファイルの回復


バックアップといえば、「Windows 7 のファイルの回復」のほかに、Windows 8.1 にアップグレートしてから変更した個人設定を保存しておきたいということで、「Windows 転送ツール」でバックアップしようとしたのですが、こちらは転送元のPCの選択が見つかりませんでした。もしかすると、どこかにあるのかもしれませんが・・・。

こうして、Windows 8.1 から Windows 8 に戻ってきました。いまのところ、インターネット接続の状態は良好で、これからも引き続き不具合の原因を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事