アスタロッテのおもちゃ! 第12話「空越しのアスタリスク」(最終回)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アスタロッテのおもちゃ!」の第12話です。


世界樹の魔力が不安定になったことで、人間界へ戻ることになった直哉と明日葉。最後の別れに、ロッテと直哉は遊園地でデート。たとえ、互いの声が聞こえなくても、何を言っているのかを理解できる二人。それはもう、かなり親密な関係となったことがうかがえます。そして、直哉はロッテに恋をしていることに気付くのでした。

直哉と明日葉が人間界に戻ってしばらくしたとき、二人に朗報が舞い込んできます。それは、ユグヴァルランドに残した直哉の携帯電話が互いの世界をつなぐ通信手段になったということ。携帯電話を改良してこれを実現させたイニの技術力は恐るべきものです。そんな携帯電話ですが、世界樹の魔力が安定するには、人間界からやってきた二人の物や思い出のすべてが消えると話がありましたが、そこまで大きな影響はなかったようです。みんなの記憶が消えてなかったのもなによりです。

ところで、ロッテの背中にできた赤いアザは、ただの虫さされ。アザの出現と世界樹の問題が同時に重なったことで、大きな勘違いが生じたようなのです。それにしても、かなり紛らわしい蚊だこと。そんなわけで、直哉の本題はあと少し先のことになりそうです。これからは、魔力の安定を心配することなく、両世界を行き来することができるようになりました。直哉と明日葉もユグヴァルランドへと戻り、これまでの生活が再び始まろうとしています。全12話をとおして、直哉とロッテがじっくりと恋に落ちてゆく物語。直哉とメルチェリーダのちょこっとした関係もまた気になるところですが、まだまだこれからが楽しみな作品です。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事