俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第8話 「俺の居候がこんなに賢いはずがない!?」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の第8話です。


文化祭の対抗戦で勝利をおさめた奏のチーム。また、対抗戦までに出演者の女子から「好き」と言ってもらわなければならないミッションも無事にクリアすることができました。ただ、大勢の観客のまえで、生徒会長の黒白院清羅とショコラの二人から「好き」と告白を受けた奏。それ以後の周囲の反応はというと、やはりといってもいいほど大きな衝撃と反応があったようです。

とはいえ、奏に与えられたミッションは着実にクリアしているので、絶対選択肢の束縛からの解放への道も一歩進んだことでしょう。それから、記憶を失っていたショコラも、ふとした瞬間に記憶を取り戻したみたいで、彼女が知っている情報から絶対選択肢の謎の手がかりも明らかとなってきました。そんな記憶を取り戻したショコラは、お世話が得意で別人であるかのよう。まるで、記憶を取り戻したほうが、記憶喪失になってしまったのではないかと思ってしまいましたが、その後に頭を打って、すぐにもとの(?)ショコラに戻ってしまいました。

こうして、絶対選択肢の真相への道もまた少し遠のいてしまいましたが、いまはただミッションをクリアするのみです。そして、奏には新たなる試練として次なるミッションがやってきました。それは、対抗戦を勝利した賞品として清羅から贈られたプールの招待券をもらったのですが、奏はチームメイトとプールへ行き、そこで謳歌を泣かせなければならないというもの。絶対選択肢も大変ですが、ミッションも大変ですね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事