俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第9話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の第9話です。


生徒会長の黒白院清羅からプールの入園券を受け取った奏。どうやら、文化祭の対抗戦で勝利をおさめた賞品であるそうです。そこで、奏はショコラと謳歌とゆらぎの三人を連れてプールに行くことになりました。しかし、この賞品はただの賞品ではなかった様子。それは、このプールから帰るまでに謳歌を泣かせなければならないというミッションが課せられていたのです。しかも、泣かすといっても、タマネギで涙を流させるような方法は反則行為であると生徒会長。そのため、きっかけをつかんでミッションをクリアしなければならなくなったわけですが、一時は謳歌が動揺している部分もある様子。とはいえ、それも一筋縄ではいかないようです。

それにしても、反則行為といった細かいことまでを把握している生徒会長。しかも、プールに居合わせているというのも不思議ですね。最初は、絶対選択肢に軽く関係しているようにもみえましたが、かなり深い関係があるようにみえてきました。今回のラストシーンをみるに、絶対選択肢を用意しているのは彼女ということも考えられそうです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事