勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第10話 「勇者になりたかった俺と魔王になりたくなかったあいつ。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」の第10話です。


魔王の娘であるフィノが人間の世界にやってきてから時間が経ちましたが、勇者を志望していた人たちからは、フィノを魔王にしようとたくらんでいるようです。なかには、無理やり魔王にさせようとする者もいるのだとか。・・・と思っていたら、その人がまさかラウルと共に勇者を目指していた仲間でした。そのなかに、アイリは入っていないようですが、勇者が解禁されたことに関してどのように彼女がどのように考えているのかが気になるところです。なににせよ、人物の相関図的にはラウルの立ち位置がだんだん複雑になってきました。

魔法の復活に関しては、当のフィノはまったく魔王になる気がないどころか、レオンの魔界店を開いて店長になろうという意気込みようです。ラウルもいまでは勇者になるというよりも、フィノを応援することが大事であることがうかがえます。そんな矢先、フィノがさらわれてしまう事件が発生。しかも、フィノはここでラウルが勇者を目指していたことを知ってしまいました。このことで、フィノがラウルに対してどのような感情を抱いているのかが注目どころでしょうか。また、魔王復活を狙っている人物がアイテム的な何かを手にしていましたが、これでフィノの感情が支配されないかというのも心配です。はやくラウルに駆けつけてほしいですね。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事