2013年、今年のアニメをもう一度。(俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
2014年の足音もすぐ近くまでやってきましたが、今日は2013年に放映されたアニメ作品のなかから、最も気になった作品を連続で全話視聴する「今年のアニメをもう一度。」の日がやってきました。

今年の連続全話を視聴する作品は、冬海愛衣の「お外走ってくる~」をもう一度みたくて、「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」に決めました。

ストーリーは恋愛アンチな主人公=季堂鋭太が、学校中の男子から注目の的である夏川真涼に告白されて彼氏になることに・・・。しかし、その彼氏というのは実は真涼のフェイクを演じるというもの。さらに鋭太の周りには、彼のことが大好きな幼なじみの春咲千和、前世の元カノだった秋篠姫香、婚約者である冬海愛衣がいてまさに修羅場状態。この4人のヒロインですが、常に前向きで元気な千和。ときどき意地悪なところがありつつも、どこか憎めない真涼。いつも真剣に一生懸命な姫香。鋭太の前ではつい「ツン」とした態度をとりつつも、本音は鋭太のことが大大大好きな愛衣といった印象で、それぞれに魅力を感じるものがありました。

そんな彼女たちは真涼がつくった部活動「自らを演出する乙女の会」のなかで、男子にモテまくる方法を探り鋭太にアタックするチャンスを狙います。そんななかで、フェイクのはずだった真涼と鋭太の関係にも変化が!?鋭太の叔母である冴子にフェイクの関係が見抜かれたこともありましたが、最終回の「ミス・俺デレコンテスト」では、鋭太が真涼に告白する場面もあって状況が急展開ということに・・・。この告白によって、真涼以外の三人はショックを隠せないようでしたが、鋭太の対応によって、いままでどおりの修羅場な状況にもどりました。そんなわけで、まだまだどんな展開になるのかが楽しみであるところです。

この作品のなかでも個人的に好きなキャラクターだったのが冬海愛衣でした。彼女から放たれた名言は「お外走ってくる~」から「あいちゃん大勝利!」まで数知れず・・・。まさにツンデレを映し出した人物で、鋭太を目の前にしたときの本音とのギャップがとてもかわいらしさを感じました。ちなみに、愛衣といえば彼女のことを応援していたカオルですが、いろいろと気になるところがありますね。何か秘密があることを本人も言っていましたがそれは一体何であるのでしょうか。




【送料無料】俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1【完全生産限定版】 [ 逢坂良太 ]



【送料無料】俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる Volume.7【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事