咲-Saki-全国編 第2話 「応援」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-全国編」の第2話です。


全国大会は咲の姉が属している白糸台といった強者が大集合。そんな状況に咲は緊張どころか、戦いたくてうずうずしているようでした。そんな全国大会の試合を前には、長野の県大会の決勝戦で戦った4校が揃って麻雀を打っていることも・・・。4校が揃って麻雀を打っている姿はまさに、合同合宿をしていたときのようでした。しかし、このときに違うかったのは、龍門渕高校の龍門渕透華が何かに目覚めたということ。それは、本人ですら気づかず覚えていないことであるようで、このときの透華には、咲や衣もかなわなかったようです。これがもし、県大会で起きていたとなると、状況は大きく変わっていたのかもしれません。

それからもう一人、優希と和の中学の後輩である夢乃マホと室橋裕子が応援に駆けつけてくれました。実はマホ、応援にかけつけたときの麻雀ですごい実力を発揮することに!?「ラブじゃん」では麻雀を一生懸命勉強していた少女ですが、彼女も何らかの能力を秘めているようです。はたしてその能力とは!!



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事