咲-Saki-全国編 第3話 「始動」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-全国編」の第3話です。


全国大会の試合を直前に咲と和は、応援にかけつけてくれた夢乃マホと室橋裕子の二人と麻雀を打つことになりました。この二人は和と優希の中学時代の後輩。ここでは中学時代の様子も少しだけ描写されていましたが、そこにはさらに阿知賀編において白糸台の宮永輝との戦いぶりもみせてくれた、新道寺女子の花田煌の姿もありました。ちょうど、当時の部員が会場に揃っていることもあるので、再会するといった場面も出てくるのでしょうか。

それはそうと、応援にかけつけてくれた二人を咲と和と麻雀を打たせたことには狙いがあったようです。それは、マホの打ちかたが関係しているようですが、マホは憧れにもった人の打ち方を自分の技として取り入れようとする頑張り屋さんであるみたいですね。そんなこともあって、マホは咲が得意な嶺上開花を彼女の目の前で決めてしまうなんていうことも・・・。自分が得意としている嶺上開花を目の前で決められたとなると、たしかに衝撃を隠しきれませ。しかし、部長はどうやら咲にこの刺激を与えることを狙っていたみたいです。こうして、全国大会の試合直前に大きな刺激を受けた咲。ついには試合も始まり、強豪校との試合も近づいてきました。はたして、どのような試合が繰り広げられるのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事