日常 (第14話『日常の第十四話』)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「日常」の第14話です。


なのが高校生デビューとなりました。さっそく、喧嘩したり互いを知りあえる友達という存在に感動。にしても、みおとゆっこの場合は深刻なのに笑えてしまう不思議。さらに、そこに麻衣がさっと二人の険悪な空気をかえるのです。彼女は二人を仲裁しようとしたのか、ただのイタズラだったのか?ゆっこも、ヤキソバとヤキサバを間違えるとは、なかなかやってくれます。DHAはいっぱい摂取できそうですが。また、なのがロボットだと見抜くあたり、なかなか鋭い直観の持ち主です。

囲碁サッカーというものは本当に実在していたそうです。しかも、長い歴史をもつ存在。部長さんもそれを知って熱が入ったようですが、こちらとしてもおもしろくなってきました。ただ、あの場であの技をいつもやっているといつか頭が割れそうな気もしそうです。桜井君って、あの汗あたりから桜井先生と親類でしょうか。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事