miniDVテープをダビングする(まえがき)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
miniDVテープの映像をどこに保存するか・・・。

miniDVテープ


標準モード、LPモードが懐かしいですね。VHS-C と比べてもコンパクトなサイズは持ち運びも便利でした。ただ、現在は別のビデオカメラに替えてしまったため、ほとんど使用しなくなってしまったのも事実です。

そんな、miniDVテープに撮りためた映像は、現在もダビングせずにテープのまま保管しています。しかし、ビデオカメラが壊れたときのことを考えると、何らかの形で移行しておくことを考えておかなければならないと思っています。少し前には、ビデオカメラにテープを挿入したときに挙動がおかしかったことも・・・。さすがに、そろそろマズいのかもしれません。

miniDVテープに録画した映像をダビングする方法はいくつかありますが、考えていたのは BD/DVDレコーダーを使って HDD または DVD に保存するか、パソコンにつないでキャプチャする二択。どちらも、IEEE1394の規格(「i.LINK」や「Firewire」)のケーブルで繋ぐことを前提としています。この二つの方法のうち、汎用性を考えたうえで、パソコンを使ってキャプチャしようかと考えています。作業の開始時期は未定ですが、経過の様子は追って掲載しようと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事