のうりん 第10話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「のうりん」の第10話です。


継の父親が農業学校をたずねてきました。彼の父親は野菜の生産工程を一括で担う大きな会社の経営者。ここにやってきた目的は、継を実家に引き戻すためでした。しかし、父親の生産方法とは考え方が違うため、会社を継ぐことは考えていない継。そのため、実家に戻るかどうかをかけて野菜の販売で勝負をすることになりました。勝負は継をとりまく人たちの協力もあって、勝てたかのようにみえましたが、結果的には負けてしまったようです。ただ、勝負の条件だった、実家に戻る必要はなくなりました。ここには一つの親子愛というものを感じることも・・・。

ところで、継は校長先生から受けていた海外研修の誘いを断っていましたが、父親との勝負をきっかけに行くことを決めました。校長先生は継の考え方に納得するところもありましたが、研修をすすめたところをみると、今回の勝負は勝敗がわかっていたことがうかがえそうです。というわけで、継はしばらく海外研修へ行くことになりましたが、胡蝶も同伴することになりました。彼女はまるでハネムーンのようで・・・。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事