咲-Saki-全国編 第10話 「仲間」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-全国編」の第10話です。


ここまで一位をリードしてきた姫松の末原恭子。しかし、宮守女子の姉帯豊音に4回も放銃してしまい、二位の清澄と点数差が僅かとなったことで、順位変動の可能性が出てきました。姉帯の能力は、最初にリーチした人を追いかけると一発で和了れるというもので、リーチさえかけなければ一安心といったところ。しかし、これ以外にも能力を有していたようで、後半戦では親となり連荘したことで、ついには一位に踊り出てきました。

彼女が持っているもう一つの能力というのが、裸単騎でツモ和了するというもの。親のツモ和了だけに、咲の点数もジワジワと削られているところもありました。咲はいまのところ、嶺上開花を二回も決めていますが、この状況がゆえに順位が三位へと落ちてしまいました。ほかにも、末原は最初に三連続和了、永水女子の石戸霞も和了していたことがありましたが、全体的にみてみると姉帯が圧倒しているという状況となっています。

とはいえ、ここからは石戸が守備から攻撃型への打ち方に変えた様子。現在、上位三校の点数差はそれほど開いておらず、ここに石戸が勢いづいた和了れば点数差も大きく変わることが予想されそうです。また、ここまで点数を削られ続けてきた末原も黙ってはいないはず。そう思うと、後半戦の残りでは誰がどのように点数を動かすのかが注目どころです。

ところで、今回は姉帯豊音の回想が出てきていました。宮守女子の麻雀部員たちに歓迎されたことで、嬉しさのあまり涙した姿がかわいらしかったのはもちろんのことながら、それに感銘を受けていたエイスリンがさらにかわいらしかったです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事