一週間フレンズ。 第2話 「友達との過ごし方。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
友達との楽しい記憶が一週間で消えてしまう香織。それが理由で、周囲とはあまり関係をもたないようにしていた彼女でしたが、同じクラスメイトの祐樹と友達になることになりました。それはとても楽しい時間ではあったのですが、やはり月曜日になると本当に記憶は消えてしまうことに・・・。祐樹が声をかけたときの、出会う前の状況だった反応には背筋が凍りつくものがありました。

それでも何度も友達になろうとする祐樹は、最初は香織に怪しまれつつも彼女が記憶を失うことを知っていたので、すぐに打ち解けあえることができました。今度は二人の時間があったことを忘れないためにも、香織が日記をつけることを助言する祐樹。これで、記憶が失われたとしても、二人の関係があったことを証明することができそうです。さまざまな記録をする方法があるなかで、日記にするところがいいですね。

この一週間は、まるでデートをしているような香織と祐樹の姿がありました。しかし、月曜日になるとその記憶もやはり消えてしまった様子。とはいえ、今回は日記があるので、誰かと一緒に何かをしたということだけは知ることができたようです。ただ、日記があったから情報を知ることができたがゆえに、祐樹の前では一生懸命に覚えていたことにしようと振る舞っていましたが、その姿がまた切なく感じるところでありました。それでも、初めて記憶が失われたときの反応と比べると、状況は大きく変わったと思うところです。ちなみにですが、日曜日から月曜日に変わる瞬間に起きていた場合、記憶はやはり消えてしまうのか気になるところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事