エスカ&ロジーのアトリエ 第2話 「魔法使いってなんですか?」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
エスカとロジーは、村の水が濁ったことにより水不足となってしまった北の村へ、水を補給する仕事を任されました。しかし、水を運搬するために必要な気球はタイミング悪く故障中。そこで、水を補給する方法から、水を浄化して利用できるように考えたエスカ。ただ、そのためにはビターリーフという葉が必要となり、ビターリーフがある遺跡は、とても危険な場所であるのだとか。

それでも、村の人たちを助けたいエスカの強い気持ちがあって、エスカとロジーは遺跡へと向かうことになりました。かつては、この遺跡も街だったみたいですが、人の気配すらありません。そんな、遺跡ではウィルベルとニオの二人との出会いがありました。この二人には、エスカが毒薬に触れて体がしびれてしまったところを助けてもらうことも。さらには、ビターリーフのある場所も案内してくれました。ちなみに、この二人がここを訪れたのも、何か理由があってのことだと思われますが、ビターリーフの採取中にエスカが拾った石版のようなものとも関係があるのでしょうか。

なにはともあれ、ビターリーフは無事に見つかり、水不足は解消することができました。これにはエスカもとても嬉しそうでしたね。それにしても、彼女のあのしっぽがどうやって動いているのかが気になるところですが・・・。ところで、村にはウィルベルとニオの二人も同行していましたが、この先どういう関係になるのか気になるところです。ちなみに、ウィルベルは魔法使いであることは秘密であるそうなのですが、明らかに見ただけでわかる気も!?



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事