一週間フレンズ。 第5話 「新しい友達。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
香織と祐樹の間には、クラスでは会話をしないというルールがありました。しかし、そのルールを無くすきっかけをつくった人物がここで登場。それが、香織と友達になりたいと、声をかけたクラスメイトの山岸沙希でした。彼女はよく物忘れをしてしまうことがあるらしいのですが、とても積極的な女の子。いつどんなときでも話しかけてきてくれる彼女には、内心では香織も友達になりたいと思ったようです。金曜日になると、香織と沙希の二人でお出かけをする関係にまでなっていました。そんな傍らでは、またやきもちをやいてしまったのか、二人のことが気になって仕方がない長谷君の姿も!?

そして月曜日。香織の記憶のことは、沙希にも打ち明けてはいましたが、やはり沙希のことを忘れてしまったようです。言い換えれば、沙希のことを友達だと認識していたということになりますね。ただ、沙希がいつものように声をかけても、無反応の香織。まるで、祐樹が香織と友達になってから初めて迎えた月曜日のようでした。しかし、香織に忘れられたことにショックを感じるのかと思いきや、本当に記憶が消えることに驚いていた沙希。このあと、断片的ではありながらも、香織が先週の記憶を思い出せていましたし、ほかのクラスメイトとも仲良くなりかけていたので、今回はかなりの前進となったようです。それから記憶に関しては沙希のことだけでなく、祐樹のことも覚えていた様子。それにしても、うさぎの着ぐるみはもちろんのことながら、やっぱり藤宮さんの笑顔がかわいらしいですね。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事