一週間フレンズ。 第7話 「「ほっ」の友達。/「ふぅ」の友達。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
沙希との出会いもあり、最近ではクラスメイトとも打ち解けあうようになった香織。クラスではいつも笑うようになり、あらためて、藤宮さんの一つ一つの行動がかわいらしく感じられますね。また、記憶が原因で友達をつくることを拒んでいた彼女が、そこから抜け出しつつあることは、喜ばしい限りです。ただ、その分だけ自分との時間が減ってしまうことを気にしてしまう祐樹の姿も・・・。

さらには、学校が夏休みに入って二人が出会う機会もなくなってしまいそうで大ピンチです。香織も夏休みに入ると会えなくなることに気づいていなかったみたいで、このままでは本当に夏休みの間に会えくなってしまうことも!?そのため、夏休みにも会う約束をした二人。ただ、肝心の会う場所が決まっていませんでした。しかし、何も言わなくても「学校の屋上」というのが、二人だけの秘密といいますか暗黙の了解のようで、特別な関係という雰囲気が感じられますね。

祐樹と香織の関係が気になる一方で、沙希と将吾の関係も気になるところ。沙希は将吾や祐樹と出会うたびに名前を忘れていますが、ある放課後の将吾との出会いでは何かを思い出しそうになっていました。それは、もしかして二人が小学校に通っていたというときの記憶なのでしょうか。こちらの関係にも注目です。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事