彼女がフラグをおられたら 第9話 「またいつか、こうしてみんな一緒に お祭りに行けるといいな」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
菜波の祖国であるブレードフィールド公国に招待されたクエスト寮の寮生たち。その道中では、菜波の妹である白亜との出会いや、二人を狙った瑠璃にそっくりなロボットに襲われることもあって、寮生たちとはぐれてしまいました。しかし、すぐに迎えが来たので一安心・・・かと思いきや、迎えにきたのはなんと七徳院のNo.0でした。ここで、七徳院とブレードフィールド公国につながりがあることが判明!!それには、いろいろと理由があるようですが・・・。

ところで、ブレードフィールド公国の屋敷には石碑があって、そこにはブレードフィールド公国にまつわる、おとぎ話が記されていました。しかも、そのおとぎ話の内容は、まるでいまの颯太が経験しているそのもの!?二人の女の子が描かれた絵もありましたが、それも菜波と白亜にそっくりでしたね。そんな、物語の結末はヒーローの絶命ですが、颯太の経験が同じであれば彼の運命もいずれ・・・。似ているといえば、第一の門の資料にも菜波たちにそっくりな人物が出てきましたが、これらの関係性も気になるところです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事