一週間フレンズ。 第10話 「友達とトモダチ。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
祐樹のクラスに九条が転校してきた日を境に、香織の記憶が完全にリセットされてしまいました。ただ、日記が残っていたので、祐樹たちとは友達であるということを知ることができたのはよかったところですね。とはいえ、少し前までであれば、これがいつもの光景でしたが、今回は記憶が残りつつあった直後からの状況なので、そのショックは大きそうです。教室では話しかけないようにもしていましたし・・・。

そんな香織の変化に、沙希が違和感を覚えることも・・・。ときどき、祐樹が香織のことを好きだと思っていることを見抜いていることもありましたが、今回の変化も鋭く見抜いていたようです。そんな状況をなんとかしたいと思う彼女ですが、ときにはさりげなく将吾に告白することも!?顔を赤らめる将吾は貴重ではないでしょうか。

街中では九条をはじめとした、小学生のときの友達に出会った香織。「抜け駆け」という言葉に、激しく反応していた彼女ですが、事故にあった日の出来事の手がかりは、友達が知っていそうですね。また、香織が事故にあったことは九条は知らなかったみたいですが、これらの真相がすべて明らかになったときに、彼がどんな反応をするのかが気になるところです。ただ、いまは香織が一週間で記憶が消えることに対しては、あまり信じてはいないみたいですが・・・。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事