Apple、新しい iPhone となる「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を発表

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
Apple のスペシャルイベントにおいて,新しい iPhone となる「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が発表されました.

iPhone6-34FR-SpGry_iPhone6plus-34FL-SpGry_Homescreen-PRINT.jpg


iPhone 6 と iPhone 6 Plus の大きな違いは,ディスプレイサイズの違い.iPhone 6 が 4.7インチのディスプレイサイズであるのに対し,iPhone 6 Plus は 5.5インチという大きなディスプレイが採用されています.また,iPhone 6 Plus の解像度は 1,920×1,080 ピクセル・401ppi のフルHD.iPhone 6 が従来と同じ 326ppi の解像度と比べても,きめ細かくなっがことがうかがえます.

二機種の違いは,ディスプレイの大きさ以外にもバッテリーの持続時間にも違いがあり,いずれも 3G の連続通話において,iPhone 6 が最大14時間,iPhone 6 Plus が最大24時間可能とのこと.参考までに,iPhone5S の場合は最大10時間であるので,iPhone 6 Plus は iPhone5S と比べて倍以上の連続通話が可能となるようです.

新たな性能面では,個人的には気圧計やNFC,802.11ac の Wi‑Fi に対応したことに注目.気圧計のセンサーとNFCに対応したことについては,アプリの可能性が広がりそうですし,特にNFCが電子決済などをはじめ,どのような展開をみせていくのかが気になるところです.また,802.11ac の Wi‑Fi に対応したことで,これまでよりも高速な通信ができるようになったところもポイントです.

容量は32GBが廃止されて新たに128GBも加わった模様.価格はSIMフリー版として,iPhone 6 では 16GB が 67,800円,64GB が79,800円,128GBが 89,800円.iPhone 6 Plus では,16GB が 79,800円,64GB が 89,800円,128GB が 99,800円となっています(すべて税別).64GB と 128GB では,1万円の違いで ディスプレイの大きい iPhone 6 Plus を手に入れることができそうです.

個人的には iPhone 6 Plus を選びたいところ.格安SIM も広がってきましたし,iPhone に乗り換えるいいタイミングにもなりそうです.ちなみに,予約注文は9月12日からとなっており,SIMフリー版もすぐに手に入れられるところがいいですね.


※画像は「Apple Press Info」(https://www.apple.com/jp/pr/products/)より引用

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事