北陸新幹線とフリーゲージトレイン

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
JR西日本の「9月定例社長会見」において、北陸新幹線での使用を検討しているフリーゲージトレインについての発表があったのでピックアップしてみました。

フリーゲージトレインは、軌間の幅が異なるレールを走行することが可能な車両。新幹線が標準軌であるのに対し、在来線が狭軌であるため、両方のレールを走行することができるフリーゲージトレインが活躍します。このフリーゲージトレインを、北陸新幹線区間と、敦賀駅~大阪駅の在来線区間で走らせることを検討しているそうです。

仕組みや対策についてはプレスリリースにあるとおりで、今年の10月からは試験線での試験走行も実施されるのだとか。実際に運用段階となったときには、サンダーバードの置き換えとなることを予想していますが、車両デザインや形式がどうなるのかが気になりますね。


【参考記事】

9月定例社長会見
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/09/page_6170.html

模擬台車による軌間変換試験を開始します!フリーゲージトレイン(FGT)の開発状況について
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/09/page_6164.html

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事