スイッチコンセントチェンジ!「ハイ角からハイ角風へ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
今日から新たなカテゴリとして、「住設関連記」をスタートしました。主にDIYの話題を掲載したいと思います。

そんなわけで、第一回目の住設関連記の話題は、コンセントの交換です。

さっそくですが、こちらのハイ角コンセントを交換します。

ハイ角からハイ角風へ


ナショナルブランドであり、しかも大文字の「NATIONAL」表記です。

これを、「コスモシリーズワイド21」でハイ角風にします。

まずは、コンセントの色がブラックまたはグレーなので、ダブルコンセントのグレー(WTF1502HK)を調達。

プレートの色はクリームですが、それに近い色としてベージュ(WTF7003G)を用意しました。

ハイ角風といっておきながら、3コ用のコンセントプレート!?そこはあくまでハイ角風なのです。

ハイ角からハイ角風へ


では、さっそく施工開始です。

古いコンセントを取り外すと、シングルコンセントが二つ取り付けられた状態となっていました。また、電線は被覆が剥き出された状態でねじ止めするタイプとなっており、絶縁するために絶縁テープが何重にも巻きつけられていました。

ハイ角からハイ角風へ


シングルコンセントを二個口としているので渡り線が必要であり、絶縁電線の被覆が途中で剥ぎ取られていました。

ハイ角からハイ角風へ


古いコンセントを取り外したところで、新旧並べて撮影してみました。新しいコンセントもハイ角風!?

ハイ角からハイ角風へ


新しいコンセントを取り付けます。

ダブルコンセントなので、渡り線も必要ありません。

ハイ角からハイ角風へ


取り付け完了です。

ハイ角からハイ角風へ


改めて、施工箇所の写真を使って、新旧並べてみました。新しいコンセントもハイ角風!?

ハイ角からハイ角風へ


ハイ角風とはいえども、コスモシリーズワイド21のスクエアプレートにより、ねじがなくなりすっきりとした印象です。


施工には法令で定められた資格が必要です。 当方では、施工などで生じた事故や故障といった損害については、一切の責任を負いかねます。

スポンサーリンク

関連記事

関連する記事はありません。

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事