JR西日本、大阪環状線に新型車両323系を投入へ

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
JR西日本は、大阪環状線のイメージアップとして進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一つとして、新型車両となる323系電車を発表しました。

車体は、大阪環状線をイメージしたオレンジ色を配色した車体デザインとなり、イメージ図を見た印象は、207系・321系の通勤形電車とは異なり、227系の近郊形電車に近いように思います。ドアに関しては、大阪環状線に乗り入れる近郊形車両に合わせて3ドアとなる模様。一時期、ラッシュ時に4ドアを3ドアに置き換えた実験を行っていましたが、その結果として3ドアでも対応できるという判断になったみたいですね。車内の仕様では、座席はロングシートになるとのことです。

サービス面では、案内ディスプレイで4か国語での表示を行うほか、大阪環状線の各駅停車の列車では初めてとなる、自動放送による車内アナウンスが実施されるとのこと。また、無料の公衆無線LANのサービスも提供するそうです。

323系電車の投入時期は、平成28年度~平成30年度の三年間に168両(8両編成×21本)を順次投入。これにより、同路線の103系と201系はすべて置き換えとなるそうです。これらの車両の動向も注目されますね。


【参考記事】

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中!大阪環状線に新型車両「323系」を投入!
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/12/page_6517.html

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事