幸腹グラフィティ 第1話 「ほかほか、じゅわっ。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
冒頭から登場のおいなりさん。油揚げを一つとっても、油を含んだザラついた細かい描写がすごいですね。そんな、美味しそうなおいなりさんを作っていたのは町子リョウという女の子。おばあちゃんから受け継いだ料理の腕は、下ごしらえもしっかりとするほどです。でも、最近は自分の料理な味に自信をなくしていました。

彼女が自信をなくしてしまったタイミングは、おばあちゃんが他界してから一人でご飯を食べ始めた頃にあるようです。そして、その理由はこのあとやってきたは森野きりんというはとことの出会いによってわかりました。それは、ごはんは誰かと一緒に食べると美味しいということなのだとか。それがわかるものとして、きりんは家出?で上京してきたのですが、このとき彼女に振る舞った鍋が美味しかったようです。

そんなわけで、これからはきりんが一緒に暮らしてくれることになりました。でも、そのためには両親ともう一度話し合ってからとなる様子。とはいえ、リョウからもらった鍋レシピがあれば大丈夫なはず!!これから、たくさんの料理が出てくることだと思いますがたのしみですね。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事