幸腹グラフィティ 第12話 「しみしみ、むぎゅっ。~ブリ大根~」(最終回)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
美術高校の入学試験に合格したリョウときりん。先に推薦試験で合格した椎名とともに、これで三人が同じ学校に通うことが決まりました。そんな試験発表の場所には内木さんの姿を発見。先生と呼ばれていましたが、もしかして・・・!?

リョウは中学校を卒業したお祝いに、他界したおばあちゃんから自分が使っていたエプロンをプレゼントをもらいました。そのエプロンは叔母である明さんに預けていたようで、それは自らの死期を察していたのか、少し悲しさを感じるところがありました。

新たな高校生活では、きりんがリョウの家で過ごすことになるそうですが、その情報はリョウだけには届いていなかった様子。いつも穏やかなリョウがちょっと不機嫌なところも珍しいような気もしますが、本音としてはとても嬉しかったようです。思えば、リョウに誰かと一緒にごはんを食べるとおいしいということを教えてくれたのはきりんでした。これからは、そんなおいしいごはんをきりんと毎日一緒に食べることができるようになるわけですね。

全12話でいろんな料理が出てきましたが、個人的にお気に入りなのは、さんしなめのふわトロオムライスです。あと、タケノコごはんもいいですね。リョウたちの高校生活も気になるところであり、そこではどんな料理を作っているのでしょうか。また、きりんのニンジン嫌いは克服なるのでしょうか!?




スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事