神様ドォルズ 5話 「故郷へ・・・」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「神様ドォルズ」の第5話です。


突如として現れた詩緒そっくりな桐生という名の少年。桐生との交戦や激しい攻撃を受けていたことから深刻そうな回だと思っていましたが、匡平と日々乃を引き離そうと必死な詩緒や、匡平に甘える詩緒や詩緒の姿もあり。コメディな部分もかなり含まれていたので、5話もあっという間に終わってしまいました。車を運転している日々乃さんも必見です。

桐生は、その姿は詩緒そのままで、詩緒や匡平はその存在を知らないとのこと。いきなり、「お兄ちゃん」なんて言われても戸惑ってしまいますが、5話の終盤の話によると桐生はやはり詩緒の双子であるとことがわかりました。たしかに、桐生は大人びた表情をみせるところもありますが、熱くなるところは詩緒とそっくりであるのでしょうか。

そんな詩緒の玖吼理と桐生の武未禍槌は激しいぶつかりあいをみせました。しかも、その場所が街の中であったが故に、多数の目撃者が現れるということも。以前にも、玖吼理の目撃者であった空張がその姿を目撃して阿幾を連れ込んだなんてことがありましたが、玖吼理の損傷も心配ですが、どのようにして街をフォローするのかも気になるところです。

玖吼理は一度、村に戻って修理されることに。桐生の武未禍槌にかなりやられていたので、中が見える状態にまでなっていました。ただ、そのことで玖吼理の中は木やカラクリ仕掛けとなっていることがわかりました。中はケーキという説もありますが、それはおいておくとして日々乃さんさんがいうように、これだけの仕組みでどのように案山子が動いているのかは不思議に思います。ところで、武未禍槌から放たれた電撃を玖吼理が跳ね返していた場面がありましたが、あれは詩緒の操作だったのでしょうか。もしくは、玖吼理自身がとった行動だったのでしょうか。

今回より新しくお館様と呼ばれる人物が出てきました。そして、東京での武未禍槌の件で厳しい罰を受ける桐生。お館様の話では、詩緒と桐生は双子であることは間違いなさそうです。となると、どうして桐生は日向家についているのかも不思議です。ただ、後に明かされることになることになるでしょう。もう一つ気になるのは日々野さんも気になっていた匡平の目の色です。詩緒と桐生は同じ目の色をしていますが、匡平とはまた違います。もしかすると、腹違いだったりするのでしょうか。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事