響け!ユーフォニアム 「おまつりトライアングル」 8話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
吹奏楽部では、もうすぐやってくるお祭りの話でもちきりです。ここで、葉月はずっと気になっていた秀一を誘いたいようですが、彼は久美子に誘いをかけており、状況はまさに三角関係。この先のドロドロな展開を、さらっと予想する久美子は仕事がはやい!!でも、その予想ははずれ、結果としては勇気を出した葉月が秀一を誘うことに成功。一方の久美子は、勢いで高坂さんと一緒に行くことになりました。それにしても、顔も見ずにいきなり腕を掴んで決めるとは・・・。これが先生だったとしたら、どんな展開になっていたのかなとも思うところでもあります。

お祭りの当日、高坂さんと久美子はお祭りではなく、楽器を持って山を登っていました。中学生の頃から同じ学校の二人ですが、こうして学校以外で付き合うのは初めてであるようです。どうやら、高坂さんはずっと久美子のことを意識していたようで、この機会をきっかけに高坂さんがどのようなことを考えているのかということも少しわかりました。お祭りには行かず、山に登っているのも彼女なりの考え方の一つであるようで、吹奏楽の強豪校の推薦を断って、北宇治に進学した理由も恐らく同じなのだと思います。

ところで、秀一と一緒にお祭りに行くことができた葉月でしたが、ここで思い切って告白までしていました。ただ、秀一の答えは「ノー」。やっぱり、秀一は久美子のことが気になっているようですが、いざ秀一が久美子に告白したときには、久美子がどのような答えを返すのかも気になるところです。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事