響け!ユーフォニアム 「まっすぐトランペット」 10話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
コンクールに出場できる生徒が決まりました。ユーフォニアムのパートでは、中川先輩が外されてしまったことで、久美子は自分が受かったことを素直に喜べないことも・・・。というのも、中学生のときにも同じようなオーディションがあって、自分が合格して先輩が出られなかったということがあったことがトラウマになっている様子。久美子がときどき思い出していた過去のエピソードというのは、どうやらこのことだったようです。こんな出来事があったことがゆえに、中川先輩に気をつかう久美子でしたが、このことには気づかれていたようで、逆に気づかわれることも・・・。とても優しい先輩ですね。

その一方で、トランペットではソロパートを高坂さんが担当することになりました。ソロパートをめぐっては、中世古先輩も精一杯に練習していたところであり、高坂さんがソロパートに決まったことを不満に抱く生徒も少なからずいました。しかも、こんなときに高坂さんと滝先生が知り合い同士であるという噂が出始めることも・・・。ただ、それは事実であるそうで、高坂さんが吹奏楽の強豪校の推薦を断って、北宇治に入学した理由も滝先生が就任することを知っていたからたっだようです。だからといって、高坂さんが特別扱いされたというわけではないようで、オーディションは公平に審査されたとのこと。とはいえ、部員のなかでは先生に対する不満も出ていました。

ここにきて、再び部員たちのモチベーションが下がる展開となってしまった吹奏楽部。そこで、審査を再度希望する生徒を対象にもう一度だけオーディションが実施されることになりました。今度のオーディションは全員の前で演奏することになっており、再オーディションに申し入れをしたのは中世古先輩でした。ここで、ソロパートの座をめぐる勝負がはじまろうとしています。ただ、全員の前で演奏するということなので、部員たちの感情だけで審査される可能性も考えてしまうのですが、はたしてどのような結果がでるのでしょうか。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事