響け!ユーフォニアム 「わたしのユーフォニアム」 12話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
トランペットのソロパートを決める再オーディションは、高坂さんが担当することが決まったところで、コンクールに向けた猛練習が始まりました。再オーディションのあとには、高坂さんと大きなリボンの子が対面する場面もありましたが、暗い雰囲気になることもなかったので安心しました。

ところで、コンクールで演奏する曲では、ユーフォニアムが担当する部分が追加で決まりました。そこは、久美子にとっては難しいようで、必死になって練習に励んでいました。しかし、ある時点になって滝先生はあすか先輩だけが吹くことを指示。これには、練習を積み重ねてきた久美子としては相当悔しかったようです。ただ、それと同時に久美子は自分がユーフォミアムが好きであることに気づいたほか、高坂さんが中学時代のコンクールでダメ金だったことを悔しがっていた気持ちに共感するきっかけになることも・・・。ちなみに、久美子が川原で大声で叫んでいたときには、その様子をみていた秀一と叫び合う姿もみられました。この数日の二人は、少し距離を置いていたところもあったので、久々に話?をしたといった様子でしょうか。

ときに、学校に携帯電話を忘れてた久美子は、学校に残っていた滝先生と二人きりで話す機会がありました。その会話では、滝先生は久美子のユーフォニアムに期待している様子。合同練習では、久美子のことを見限っていたようにもみえましたが、もっと気合いを入れさせるという滝先生らしい考え方だったのかもしれません。それはそうと、久美子が滝先生と二人きりになったことを高坂さんに話すと、どんな会話をしたのか気になった仕方がない様子。いつもクールな高坂さんが少し戸惑っている様子が珍しかったように思います。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事