日常 (第19話『日常の第十九話』)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「日常」の第19話です。


ゆっこの厄日はまだ続いていたのでしょうか。突然のゲリラ豪雨に度重なる負の連続。実際でもこんな雨が多くなってきました。にしても、ここの建付けは疑問だったりします。連鎖的動きはピタゴラ装置並のよう。せっかく完成したゆっこの自画像粘土は、ぐにょーっとなってなんともでした。

「みおの挑戦が始まった」

突然の中島みゆき。ありゃりゃ、挑戦者たちがでてきました。走り高跳びをかけて立ち上がった一人の少女。そこで生み出されたのは魚雷跳び秘法。ってこれ、後に受け継がれるのでしょうか?人にぶつかると危険であることは間違いなさそうです。

それにしても、みおをみている限りでは基礎体力は人並み以上ある気がします。バーの下をくぐるっているのもなかなかのもの。

というかこれ、走り潜り跳びだよー!

なにはともあれ、結果は成功ということでめでたしめでたしです。

囲碁サッカーとは、想像していたものよりもはるかに危険を伴うという事実。怪我どころじゃすまされないってどんだけなのでしょう。県大会ともなれば、激しい競い合いになるヨカン?そんな戦いを勝ち抜いてきた高崎先生って、なんだかすごいのかもしれません。

ごはん抜きになったハカセ。しかも、ごはん抜きの振替とはまたドテーん!!



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事