魔法少女なんてもういいですから。 1話 「…あんた、僕が見えてるのか?」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
葉波ゆずかは普通の中学生。そんな彼女はゴミ捨て場で妖精?と出会うことに・・・。妖精が見えるということは、魔法少女の素質があるということらしく、言われたとおりに呪文を叫ぶと魔法少女に変身。この日を境にゆずかは魔法少女となりました。それは、子供のころからの夢?・・・が実現したのかどうかはわかりませんが、その反対に魔法少女を拒むかのようなタイトルも気になるところで、どんな物語であるのかが楽しみな作品となりそうです。





スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事