魔法少女なんてもういいですから。 2話 「はい、水着です。間違いないです」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ゴミ捨て場にいた妖精と出会ったことで魔法少女になってしまったゆずか。コスチュームが水着なのは水の魔法の使い手であるらしいのですが、本人はどうしてもこれが嫌なようですね・・・。といっても、特に説明を受けなくても魔法の使いこなせる姿は、本当に妖精の言う「当たり」なのかもしれません。・・・となると、あとはコスチュームですが、魔法の力なしでコスチュームチェンジとかはダメなのでしょうか。





スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事