だがしかし 3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
駄菓子屋の店番を豆に任せて外出中のココノツ。そこへちょうどやってきたほたるは、ココノツの外出で少し元気がない様子?・・・と思いましたが、豆にボンタンアメを食べさせている光景を見た限りでは、気のせいだったのかもしれません。その一方では、ほたるが語る駄菓子の話にはサヤが興味津々。ほたるはサヤと一緒に話がしたいからと、二杯のコーヒーを注文するとはなかなかやりますね。駄菓子の正しい食べ方を期待して見てくれるほたるの姿には、無邪気な愛らしさと見られているという少しの恥ずかしさが感じられました。





スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事