無彩限のファントム・ワールド 5話 「特異能力が使えない!」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ファントム退治にはいつも一人で行動している小糸。以前、一条たちが彼女をチームに誘おうとしていましたが、実現には至っていません。そもそも、小糸は人と接することを拒んでいるようで、それは彼女があるファントムの出現により能力をもったことがきっかけではあるのだとか。そんな、自分自身を変えてしまったファントムが、再び小糸の前に現れました。ただ、一人で退治するには完全なコンディションではなかったようで、一条たちやちょうど居合わせて協力してもらうことになった久瑠美ちゃんの力も借りて封印することに成功しました。

ただ、今回戦ったファントムはまったく別物だった様子。そんな状況に、自分の勘違いで顔を赤らめる小糸の表情をみることができました。いつものクールさとのギャップがいいですね。また、翌朝にはお礼を言うために一条の家にまでやってきたところをみると、もう一度だけ人と接してみようと思ったのではないのかという彼女の意欲が感じられました。でも、まだチームには入らないみたいですね。





スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事