異国迷路のクロワーゼ 9話「秘密」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「異国迷路のクロワーゼ」の第9話です。


前回に引き続き、カミーユの思い出話。とりわけ、クロードとの関係が物語られていました。幼いころはカミーユに会いに屋敷へやってきていたクロード。しかし、カミーユの母親はそんなクロードのことを野良猫に例えてあまりよく思っていなかった様子。しかし、屋敷から外へ出ることを犠牲にしてまで、クロードに会いたかったカミーユ。彼女が口にしていた「鳥籠」という言葉は、このことも意味していたのかもしれません。それゆえに、すれ違いの関係になってしまうことも。ちょっと切なさのある過去の出来事でした。

しかしながら、こうして数年ぶりの再会を果たした二人。いまでも、両方の気持ちは当時のままと変わっていないのでしょうか。もしいま、「私が結婚しても、ずっと遊びにきてくれる?」という言葉を問いかけたとしたら、どんな答えが返ってくるのかが気になるところです。

そんな二人の思い出が物語れている間、アリスと湯音はお茶会です。やっぱり、湯音のドレスはいいものです。日本から取り寄せたというお茶のセットでお茶を楽しむ二人。もしやこれが、「のちの『抹茶オレ』である」のかもしれません。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事