響け!ユーフォニアム2 1話 「まなつのファンファーレ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「響け!ユーフォニアム」の第二期が始まりました。第一期では、真面目に取り組む様子のなかった北宇治高校吹奏楽部が、顧問となる滝先生の登場によって全国大会を目指すことになり、最初のコンクールで金賞を受賞しました。この頃には、最初の頃のような部活動の雰囲気とは見違えるようになっており、その状態で次の関西大会に向けた練習が始まっていました。

第二期では、早くも新キャラとして、鎧塚みぞれと傘木希美の二年生が登場。鎧塚さんは、表情の変化が少なく、高坂さんに似ているという久美子の言葉どおりの印象です。どちらかというと、高坂さん以上に表情の変化が少ないかも!?また、傘木さんは過去に一度吹奏楽部を退部した生徒であり、過去に二年生が大量に退部した生徒たちの一人であるようです。

そんな、傘木さんがいまになって再び吹奏楽部に入部したいと申し出てきました。しかも、その入部を滝先生ではなくあすか先輩にお願いしている様子。そもそも、傘木さんはフルート奏者であるのですが、なぜ低音パートのリーダーであるあすか先輩から許可を得ようとしているのかが気になるところです。

ちなみに、傘木さんの再入部については、あすか先輩は反対という意見。私としては、最初は吹奏楽部が金賞を受賞したことで、調子よく再入部してくることを嫌っていたのかなと思ったのですが、あすか先輩が反対する理由はもっとほかにありそうな気もします。あすか先輩はというと、いつもは部活動を盛り上げてくれるポジションである人であるのですが、ときどき暗い表情を見せるときがあって、その表情が出てくると、いつもドキッとしてしまうところも…。あと、一年生だけが話に入ることができない状況もモヤモヤするところはありますね。

そもそも、傘木さんがどうして再入部したいと思ったという理由も気になるところですが、二年生が大量に退部した生徒たちが傘木の通っていた南中学校出身だったということや、傘木さんと鎧塚さん、さらには麗奈と少しだけ言い争いになってしまった優子ちゃんが、同じ中学校の吹奏楽部員だったということがわかりました。しかも、その吹奏楽部は金賞の常連校だったのですが、一度だけ金賞を逃してしまった過去があるとのこと。

…と気になることを長く書いてしまいましたが、第二期はまだ始まったばかりですよね。久美子と麗奈の関係はいい雰囲気になっていますし、あとは久美子の学校と家庭での温度差が気になりましたが、普段は無関心のような久美子のお姉ちゃんが大会のことを気にしている描写は何かの伏線があるのかも!?このお姉ちゃんも、何をしているのかとかなり気になるところではありますが…。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事