響け!ユーフォニアム2 2話 「とまどいフルート」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
吹奏楽部に再入部を希望する傘木希美。彼女は再入部したいことを先生ではなく、あすか先輩にお願いしていましたが、久美子はその理由を希美から直接話を聞くことができました。希美にとってのあすか先輩とは、現在の二年生が過去に大勢退部したときに、彼女を引きとめてくれた存在であるのだとか。それゆえに、今年で部活動が最後となる先輩の手伝いをしたいようです。この気持ちは、あすか先輩も知っているらしいので、復帰を認めてくれないとなると、その理由を余計に知りたくなってしまいますね。仮に、復帰を認めない理由を教えてもらったとすれば、希美もどう反応するのかも気になるところです。

一方で、希美と鎧塚さんの関係も複雑そうです。久美子は合宿で鎧塚さんとも話をする機会があって、鎧塚さんのコンクールなんてなければいい…という言葉には、中学生時代のコンクールや、高校に入ってからコンクールをめぐって三年生と対立するきっかけになった両方に対して気持ちが込められているように感じました。そこへ、コンクールで一緒に金賞を獲得するという約束をしていた希美が退部という出来事も重なることに…。希美の判断で、一緒に退部しようと声をかけていなかった点は、希美なりの気遣いだったのかもしれませんが、逆に関係をもつれさせてしまうきっかけになったのかもしれません。まさか、あすか先輩はこの二人の関係のことを気にして…なんてこともあるのでしょうか。

そんな鎧塚さんの話しを聞いていた久美子。鎧塚さんの話し方を見ていると、ますます麗奈に似ているように感じました。そんな麗奈はというと、吹奏楽部の合宿にあわせて指導してくれる女性の登場によって、いままでにみたことがないような放心状態に…。いつものクールさが抜けて、これはこれでアリかも!?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事