VisaやMastercardといった加盟店で利用ができるプリペイドカードを比較

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
先日、申し込みをした「dカード プリペイド」が到着しました。このカードを含めて、VisaやMastercardといった加盟店で利用ができるプリペイドカードが手元に集まっているので、この機会にそれぞれのカードの特徴を見てみたいと思います。

おさいふPonta/dカード プリペイド/LINE Pay カード

ローソンのお試し引換券で効果を発揮する「おさいふPonta」

ローソンや昭和シェルなどでポイントが貯まるPontaカードにプリペイド機能が付いた「おさいふPonta」。このカードはPontaカードと同様に買い物時にポイントが貯まると同時に、プリペイドカードでの支払いで500円あたり1ポイントのポイントが貯まります。しかも、2016年12月のキャンペーンではポイントの付与が12倍となり、500円で12ポイントになるとのこと。2017年1月には13倍になるとの予告もあり、このキャンペーンがいつまで続くのかが気になるところです。また、貯まったPontaポイントはローソンのお試し引換券に使うことができるので、ビールやお菓子の新商品をお得に手に入れられるのが魅力的です。

ドコモの利用で貯まったポイントをチャージすることができる「dカード プリペイド」

ドコモユーザーにはこの一枚!貯まったドコモポイントをプリペイド残高にチャージすることができるのが「dカード プリペイド」です。ちなみに、ドコモポイントもPontaカードと同様にローソンのお試し引換券に使うことができるので、ポイントの残高や有効期限といった状況に合わせて利用すると便利です。また、電子マネーとして「iD」を利用できるほか、ローソンでのお買物は3%引きになるのも特徴的。他のポイントからドコモポイントへ移行するときには、キャンペーンが実施されることもあるのでチェックしておきたいですね。

ポイント還元率が高い「LINE Pay カード」

ポイント高還元率なクレジットカードにも匹敵するほどポイント還元率の高いカードが「LINE Pay カード」です。その還元率はずばり2%で、一回の支払いごとに100円あたり2ポイントのポイントが貯まります。さらに、キャンペーン実施時には4%になることも…。貯まったポイントはプリペイド残高にチャージできるので、ポイントを便利に使うことができます。最近では、コンビニエンスストアといった店頭でのカードの配布も始まり、利用開始までの準備も簡単になりました。

ライフスタイルに応じたぴったりなカードが見つかるかも!?

ここまで三枚のカードをチェックしました。今回は主にポイント還元率、サービス特典で内容を絞りましたが、カードデザインでカードを選ぶ方法もありますね。今後もプリペイドタイプのカードは増えてくると予想するので、また機会があれば記事を掲載したいと思います。


この記事はカードの申し込みを勧誘するものではありません。カードの利用にあたっては、それぞれのカードの特徴をご確認のうえ、ご自身でご判断下さい。また、記事の内容は掲載日に収集した情報に基づいて作成したものであり、閲覧したときの情報と異なっていることがありますので予めご了承ください。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事