サクラクエスト 1話 「魔の山へ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
短大の卒業を間近に控えていた木春由乃。そんな彼女は、間野山市のとある場所に位置するミニ独立国、その名も「チュパカブラ王国」で国王になるという短期間の仕事を引き受けていました。でも、短期間の仕事というのは彼女の勘違いであり、実は一年間の契約だったのだとか。子供の頃から王女になることを夢見てはいた彼女ですが、「チュパカブラ王国」の国王はイメージとは違っていたようで、はやくも王国から逃げ出してしまうことに…。

そんな由乃ですが、実は子供の頃に王国に訪れていたことがある様子。王女になりたいという夢をもつきっかけにもなったのもこの場所だったようです。そんなことを、知るきっかけになったのが王国に残されていた由乃が写った一枚の写真ででした。これによって、由乃の気持ちに変化があらわれたようで、今度は思い出のある場所で町おこしをする立場となることになりそうな予感!?これからの一年間で、どのようにして「チュパカブラ王国」のことを人に知ってもらうようにアピールするのかが注目ですが、一年という時間が経ったときの由乃の心境の変化も気になるところです。


スポンサーリンク

関連記事

関連する記事はありません。

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事