日常 (第24話『日常の第二十四話』)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「日常」の第24話です。


今回は笹原センパイづくめ。自販機の件に至っては笹原センパイの影が渋すぎです。そんな先輩をめぐっては、みさととみおが見えない三角関係のような状態。どっちが先に告白するのかも時間の問題となってきそうです。ゆっこの勘違いから、なのと先輩が付き合っているなんて情報が流れましたが、冷静にふるまっていたみおもやっぱり気になっていたようです。それにしても、みおの空想世界で先輩と会話するなのが、いつもとはちがうしゃべり口調のなのは、ものすごくかわいかったのは間違いありません。

一方のみさとは、剣道場に笹原センパイが練習で来ているという情報をキャッチ。こちらも急接近は間近そう!?偶然にも、小笠原姉さんも練習に来ていたのか、例の桂馬をプレゼントするなんて場面もあったりって、なんで、なんで、なんで、桂馬なのでしょう?あと、先輩がいつものようにドカンっとやられるのは、先輩に限らず立花妹がなることもあるようです。

中村先生は今日も体をはってます。なのを手に入れたいがために阪本さんの情報まで得ているとはなかなかのもの。内部構造もかなりイメージしているところがすごいです。そう考えると、なのを作ったハカセはやっぱりすごい人物なのだと改めて驚きのもの。ただ、ネギが苦手なのが玉に瑕!?

ところで、みおと笹原センパイが二人っきりだった傍に、気になる安中さんがポツリ。手にしていたチラシはもしや大福フェア!?まさか、新たな大福君になったりするのでしょうか。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事