異国迷路のクロワーゼ 11話 「祈り」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「異国迷路のクロワーゼ」の第11話です。


アリスが湯音をグラン・マガザンに連れて行きたいと、誘いにやってきました。グラン・マガザンといえば、この物語の最初の頃にクロードがギャルリの敵だといっていた大きな商業施設。いつもであれば、「行ってこいよ」というクロードも、このときに限ってはダメだと許しません。湯音の状況の察し力といえばいつもながら鋭いものがありますが、どうやらグラン・マガザンをめぐってクロードと父親の関係も絡んでいるようです。それは、やはり店の移転や存続に関することなのでしょうか。

もう一つは、日本に住む湯音の姉の話。影絵で遊んでくれたり、湯音が風邪をひいたときには看病してくれたりと、とても優しいお姉さん。いままで、お姉さん姿はうっすらとしか見ることができませんでしたが、はっきり見ると美人であるその姿にほれぼれしてしまいます。しかし、そんなお姉さんは目がみえないのだとか。しかも、そうなってしまったのが自分のせいだと思ってしまっている湯音。ついつい自分を責めてしまう彼女に対して、いまクロードの目には湯音がどのようにうつっているのでしょうか。ただひとつ、湯音のことももっと知ろうと思いはじめたことは間違いありません。

お酒に酔った湯音もいつもとは違った雰囲気でなんだかよかったです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事