神様ドォルズ 11話 「囚われの日々乃」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「神様ドォルズ」の第11話です。


謎の案山子を匡平が玖吼理で打ち壊して以来、そのカッコよさに惚れ込んだまひる。噂の玖吼理の左手を使ったのも、このときであるとのこと。いつもは穏やかな玖吼理の起動音も、このときばかりは荒れたような音になっており、普通の状態ではないことがわかります。勝手な想像ですが、それは、謎の案山子のように、玖吼理の自我で動いている状態を意味していたりするのでしょうか。

まひるの上京により、黒幕の存在を疑い始めた匡平や勾司朗。ここでいう黒幕はやはり平城が考えらえそうです。村で監禁されていた阿幾を逃がしていたこともありますし、まひるを上京させたのもやっぱりこの人物の策力ということになるのかもしれません。ただ、当のまひるは彼女自身の考えで、匡平の彼女だと思い込んでいる日々乃を捕えるという行動をとることに。「イッヒッヒッ」といじわるそうな表情の日々乃さんは、まひるの空想のなかでしか見れません。それにしても、いつか日々乃と靄子が約束していた東京観光の日が狙われることになってしまうとは。余談ですが、東京観光に関係して、同アニメのBD&DVD 5巻の特典映像が「詩緒が水着で東京案内をする」に決定したそうです。ペンションでは着ることができなかった水着がここでお披露目となるのでしょうか!?

匡平の前にデートのお誘いだと現れたまひる。日々乃さんをさらったこをはっきりと告げてゆくも、日々乃さんが監禁されている場所の情報を掴むことができずに手を打つことができない状態になってしまいました。そんな、日々乃さんの所在をつかめたのは意外にも久羽子からの情報でした。前回の状況下で、阿幾を連れて去ったまひるの行先を掴んでいたとはなかなかです。

それにしても、まひるの着地点が詩緒の手作りクッキーのうえだとは器用すぎます。桐生へのプレゼントだったクッキーは、なんともな状態。唖然としていた詩緒の表情もなんともな状態でした。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事