アイドルマスター 11話 「期待、不安、そして予兆」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アイドルマスター」の第11話です。


「予兆」といったサブタイトルに不安を感じさせてきますが、その不安は最後の最後で緊迫した展開になりました。竜宮小町のプロジェクトは順調に進み、前回のアイドル運動会でも大活躍だった765プロの面々。近々、765プロが全員参加の感謝祭ライブが開催されるそうです。さっそく、新曲をもとにみんなが練習をはじめだした模様。ところが、なかなかダンスの形が揃わないアイドルたち。

一時は、ダンスの難易度を下げようかという話も出ていましたが、そこは難易度を下げないままで乗り切ることに。それは、春香の前向きさがみんなの心を和らげたり、歌うことが好きな千早が春香をサポートしたりしたこと。また、雪歩が弱音をはいてしまったときに貴音さんが、ビシっと言ったことなどが導いたことによるものです。その様子をみていると、やっぱりここの事務所のチームワークはいいことがうかがえました。ちなみに、海で幽霊と間違えられたり、殺虫剤で犯人と間違えられたりしていた貴音さんでしたが、このときの貴音さんがとても輝いて見えました。最近、貴音さんばかり見てしまいます。

ところで、家までの電車を逃した春香が千早のマンションでお泊りすることになりました。一人暮らしの千早から語られたのは両親の離婚に関する家族の話。以前、千早がとても暗い顔をしてマンションに帰宅していたことがありましたが、春香が泊まりにやってきたときの千早は少し明るい表情が見えたような気がします。

そんなこんなでダンスの息もあってきたところでライブの準備も順調!となってきたのですが、その矢先に、恐れていた「予兆」がやってくることになります。それは、竜宮小町に入りたいことを申し出た美希が、それをできないことを知って失望してしまうということです。竜宮小町に入るために、それを目標にすべての練習を一生懸命練習していた美希。こう、いままで築き上げていたなにかが崩れてしまったときの、ショックやその痛みが悲しさが伝わってきます。

「・・・うそつき」

信頼関係でとても辛い言葉。美希は練習をもっと頑張れば竜宮小町に入れるという約束をプロデューサーとしていたとのこと。恐らく、その約束とは6話で律子のプロデュースで焦りを感じていたときの一コマのことだと思います。いま、美希からの信頼を失ってしまったプロデューサー。果たして、このピンチをどう乗り切るのでしょうか!?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事