アイドルマスター 12話 「一方通行の終着点」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アイドルマスター」の第12話です。


かつてプロデューサーはダブルブッキングしたり、ミスマッチの仕事を入れたりと焦りを感じていた時期がありました。そのときのプロデューサーとのやりとりで、今日まで竜宮小町に入ることを目標に頑張ってきた美希。しかし、それはできないことを律子から聞かされて、本当の事実を知ることになります。それは美希がアイドルをやめる決意までしていたほど。それ以来、事務所に顔を出さなくなってしまったようで、それに対する失望は大きかったことがうかがえます。

しばらく連絡がとれなかった美希の居場所をつかめたのは数日後のこと。そこは、美希がよく訪れるという街で、プロデューサーが美希の普段の生活をみることができる機会でありました。美希の衣装の組み合わせなどを見極めていたのはなかなかのもの。その後もいろいろとありましたが、結果的に美希が再び765プロに戻ってきたのがなによりです。

その間、美希の帰りを待ちながら感謝祭に向けて練習を続けていたアイドルの面々。一時は中断しかけていた練習も、千早のひとことでそれを回避。常に前進を目指す千早さん、いつにもましてその姿はクールでした。

なにはともあれ、感謝祭に向けての練習が全員そろって再スタート。いよいよ次回は本番でしょうか!?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事